HOME >> 社長&会長日記

社長&会長日記

 

ブログが引越ししました。

永らくお世話になっていましたMAEDA CRAFTのホームページから新しく下記のホームページへ
引越しすることになりました。過去ブログとして大切に保存するつもりです。
新しいホームページは【GAMU 6 活動記録】として随時書き込んでまいりますので、よろしくお願いいたします。

【GAMU 6 活動記録】

タチウオ好調by会長

今年はタチウオの当たり年と言われていますが、シーズン突入後も順調に釣れているようなので洲本沖のタチウオポイントでドラゴン狙いで会社のH君、釣友のUさんとMさんの4人で出漁しました。この日は最低気温が4度と低いうえに最高気温の予想が11度となっていたため海の上は寒かったです。ポイントに到着して第1投目にH君にヒットしましたがなかなか上がりません。かなりな大物と思っていたらいきなりのスーパードラゴン130cmが上がりました。ポツリポツリですが釣れてくるのは良型ばかり。10時頃に潮が変わってからは小型になりましたがそこそこ楽しめたと思います。スピニングリールでしていたMさんは道具が合わなかったのが原因で不調でしたが、あとは一人平均10匹前後のまずまずの釣果で帰港しました。この調子だと年明けもタチウオで行けそうかもと実感しました。

DSC_2209_s.jpg

DSC_2210_s.jpg

DSC_2211_s.jpg

DSC_2213_s.jpg

DSC_2214_s.jpg

DSC_2215_s.jpg

DSC_2216_s.jpg

DSC_2217_s.jpg

DSC_2218_s.jpg

DSC_2219_s.jpg

DSC_2221_s.jpg

DSC_2222_s.jpg

DSC_2226_s.jpg



 ©MAEDA CRAFT all right reserved.

カワハギ釣りby会長

11月20日は久しぶりに好天に恵まれて今シーズン初めてのカワハギ釣りにH君と二人で出漁しました。久しぶりに釣り針にアサリを付けますが、最近はタチウオのテンヤ釣りばかりだったので不思議な感じがします。ポイントに着いて第一投目からコツコツと小さなアタリが有りますが乗りません。
何投目かでククッとした重めのアタリをすかさず合わせるとギュイーンと締めこまれました。水深30メートルから釣り上げたのは27センチの良型。お腹は肝でパンパンに膨れていました。
H君にも良型カワハギが釣れて船頭は2匹追加でお土産は充分確保出来たので、タチウオのポイントへ大移動しました。船団も出来ていたのですがイワシもかじられないまま時間経過。幾度となく
ウロウロして遂にタチウオ1匹釣りましたがストップフイッシングとなってしまいました。まあタチウオはともかく本命のカワハギが釣れたので大満足でした。

DSC_2133_s.jpg

DSC_2131_s.jpg

DSC_2132_s.jpg

【タチウオのポイントで大苦戦してしまいました。】

DSC_2135_s.jpg

DSC_2136_s.jpg

DSC_2137_s.jpg

DSC_2138_s.jpg

【カワハギのお造りは至福の喜びです。】

DSC_2139_s.jpg

【今回取付したAIS(Automatic Identification System船舶自動識別装置)とは、一般にエーアイエスと呼ばれており、洋上を航行する船舶同士が安全に航行するよう、航行情報を相互に交換するための装置】

1479076053012_s.jpg

1479076052513_s.jpg



 ©MAEDA CRAFT all right reserved.

強風でも釣りますby会長

10月10日体育の日、前日の土曜日の天気予報が雨だったので1日順延しての釣行です。今日は取引先のTさんと会社のH君の3人でのんびりと出港しました。お天気は綺麗な秋空で素晴らしいのに海上は風速5メートル以上の強い風が吹いています。港を出たらすぐにどんぶらこ状態。ゆっくりの速度で洲本沖のタチウオのポイントを目指します。途中、泉佐野の遊漁船ブルーマックスが我々の前方を走行していました。たぶん同じポイントに向かっているやろなぁってポイントに到着して釣り開始。波が高いのでどこかにつかまっていないと釣りが出来ない状態でしたが、早速H君にヒットその後はポツリポツリと釣れますが、波が高くてアタリがとりにくい状態が続きます。11時頃から風が少しマシになってきたら海も静かになってきました。こうなれば本領発揮。タチウオの絶妙なアタリを合わせて次々と釣り上げます。2時まで頑張って帰港しましたが3人で24匹。平均8匹の釣果でした。
マリーナへ戻ってみると他のボートもポイントに着いたけれどあまりの波風にあきらめて風裏に行ったので我が艇だけがタチウオを仕留めて来たようです。今日も良く頑張りました(笑)

【港を出たら揺れる揺れる状態でした。】

DSC_1805_s.jpg

【ポイントに着いたけれど波風がえらい状態でした。】

DSC_1806_s.jpg

【H君がファーストヒット】

DSC_1811_s.jpg

【Tさんは船タチウオが初めてでしたが良く釣ってくれました。】

DSC_1815_s.jpg

DSC_1816_s.jpg

DSC_1817_s.jpg

【船頭も頑張りました。】

DSC_1818_s.jpg

DSC_1819_s.jpg

DSC_1820_s.jpg


DSC_1814_s.jpg

【11時頃から風が少しましになると海も穏やかになってきました。】

DSC_1823_s.jpg

【魚釣りするのに最高のシーズンになってきました!】

DSC_1824_s.jpg

DSC_1825_s.jpg


DSC_1826_s.jpg

【平均1人8匹の釣果でした。】

DSC_1827_s.jpg



 ©MAEDA CRAFT all right reserved.

厳しかったぁ~by会長

10月2日日曜日は台風18号が接近するもぎりぎり大阪湾に影響の出ない好天気となりました。
今年は台風のアタリ年で魚釣りのベストシーズンに次々と台風が来るものだから、釣行も釣果も安定しません。タチウオ狙うには潮が大きいけれど帰り道に大アジでも釣れてくれないかなと会社のH君と取引先のKさんの三人でゆっくりと出漁しました。まずは最近コンスタントにタチウオが釣れている淡路島洲本沖を目指します。ポイントはすでに大船団になっていますが、中に割り込ませてもらって釣り開始。水深70メートル位を流すのですがこの日は潮が右往左往して、しまいにはフネが回転する複雑な潮流でした。それでも潮の流れが安定しだすと、アタリが連発しますが掛かってくれません。10月らしからぬ猛暑も加わりホンマに厳しかったです。お昼頃に大アジのポイントをまわりますが潮が思いのほか緩くて反応がありません。それでもKさんと船頭に40センチ超えの大アジが釣れて良かったです。大アジは脂が乗って最高でした。

【淡路島洲本沖のタチウオのポイント目指しながらタチウオ談義は楽しいですね!】

DSC_1757_s.jpg

【大船団の中に割り込ませてもらって第1投目】

DSC_1767_s.jpg

DSC_1768_s.jpg

DSC_1769_s.jpg

DSC_1763_s.jpg

DSC_1762_s.jpg

【H君にファーストヒットしました。】

DSC_1766_s.jpg

【帰り道の大アジのポイントでKさんにヒット】

DSC_1770_s.jpg

【42センチの大アジでした。】

DSC_1772_s.jpg

【厳しい釣果でしたが楽しく魚釣り出来ました。】

DSC_1791_s.jpg

【大アジは早速、お造りにしていただきました。最高!】

DSC_1793_s.jpg



 ©MAEDA CRAFT all right reserved.

台風通過してくれましたが・・・by会長

9月22日秋分の日の釣行は台風16号の影響で中止せざるを得ないと思っていましたが、予想に反して急スピードで日本列島を通過して行きました。もう行くしかないと会社のH君と友人のSさんの3人で出漁することにしました。社長は腰痛でリタイヤしました(笑)
マリーナに早朝に到着いると海況はまずまずで、ええ感じです。風は少し有るなぁ~って程度。
今日はタチウオ1本で行くつもりで神戸沖のポイントへ直行しました。ポイントにはすでに沢山の遊漁船が集まっています。沖は風波が結構有りますやん。仕掛けを降ろしてアタリを待ちますがボートが大きく揺れるのでアタリが分からない・・・。それでも穂先が海中に持って行かれるアタリだけはしっかり捕れます。渋いなか船頭6匹(うち1匹は小型なのでリリース)タチウオの群れは何処かに避難しているとしか思われません。翌日の遊漁船の釣果情報を見ると竿頭で4匹程度と悲惨な結果でした。
9月になって初出漁だっただけに残念な釣果でしたが、1日楽しく海の上で遊べました。

DSC_1735_s.jpg

DSC_1736_s.jpg

DSC_1737_s.jpg

DSC_1738_s.jpg

DSC_1739_s.jpg

DSC_1741_s.jpg



 ©MAEDA CRAFT all right reserved.

タチウオ釣りby会長

台風10号が近づく8月28日日曜日にタチウオ釣りに行ってきました。前日から天気予報とにらめっこしながら、何とか行けそうとT君とゲストのNさん、Aさんの4名で暗いうちから出港しました。台風の影響で港を出るとどんぶらこ状態で低速でポイントに向かいます。日の出とともにポイントに到着すると遊漁船がどんどんボートの周りに船団を作っていきます。船はかなり揺れますが何とか立っていられる状態のなかで釣りスタート。1投目からすぐにアタリが有って船頭が1匹目。続いてT君、N
さん、そしてタチウオ釣り初めてのAさんにも釣れて全員安打。そこからはコンスタントに釣れてくれて午前10時で船頭10匹と絶好調。でも今日はドラゴンが釣れてこないです。潮が下り潮に変わると突然アタリも無くなりました。大きく船が揺れるので微妙なアタリは逃しているかも知れませんね。
今日は無理しないで安全を喫してお昼で撤収しました。
釣果はNさん10匹、T君9匹、Aさん6匹、船頭11匹と荒天のなか、まずまずではないでしょうか。

【またたく間に周りは遊漁船だらけになりました。】

DSC_1482_s.jpg

DSC_1483_s.jpg

DSC_1487_s.jpg

DSC_1488_s.jpg

DSC_1489_s.jpg

【本日の全員の釣果】

DSC_1492_s.jpg

【船頭の今日一のサイズ】

DSC_1495_s.jpg

【から揚げのように見えますが天ぷらです(笑)】

DSC_1496_s.jpg

【刺身の細切りに大葉をからめました。】

DSC_1500_s.jpg

【定番の塩焼き】

DSC_1498_s.jpg



 ©MAEDA CRAFT all right reserved.

大阪湾のタチウオ船釣りby会長

お盆明けの8月20日(土)大阪湾の秋の風物詩とも言われているタチウオを求めて社長、スタッフのT君、K君の4名で出漁しました。K君は魚釣りが初めてと言うまったくの初心者なので、社長がコーチに付いてくれました。ポイントは神戸沖の水深70メートルを流して行きます。なんかこの前と比べると
船が少ないような感じで釣りスタートしました。船頭が1投目にベルトサイズが釣れて、まずまず反応は良さそうです。2投目に仕掛けがふわ~っと浮いた持ち上げのアタリ。大急ぎでリールを巻いて大きく合わせると強烈な締め込み。タチウオ釣りはこの強烈な引きが楽しいんです。上がってきたのは
メーター超えの良型。それからはボツボツと釣れ続けたのですが、8時を過ぎるとピタっとアタリが遠のき場所移動を繰り返しながらの拾い釣りとなりました。初心者のK君が6匹釣ってくれたし、今日は渋かったようですがなんとかお土産は確保出来たので良しとします。
しかしボートの上の暑さと言ったら殺人的でクーラーボックスに入れた氷でさえ、油断すると溶けてしまいます。今回からクーラーボックスの上にクルマ用の日除けシートを被せていたのですが、かなり効果が有りました。

【朝イチで釣れたメーター超えの良型タチウオ】

DSC_1453_s.jpg

【社長のコーチが良かったのか釣りが初めてのK君にも初ヒットしました。】

DSC_1454_s.jpg

DSC_1455_s.jpg

DSC_1456_s.jpg

【ベテランのT君はリールのトラブルなどで今日はイマイチでした。】

DSC_1457_s.jpg

DSC_1459_s.jpg

【今日はボートが異様に少なかったような】

DSC_1460_s.jpg

【船頭のタチウオ専用ロッドブレーディングX210は本日が初使用で良くアタリが取れました。】

DSC_1461_s.jpg



 ©MAEDA CRAFT all right reserved.

お盆休みの魚釣りby会長

お盆休みの8月14日(日)に会社のT君、常連のNさん、ゲストのMさんの4名で出漁しました。
日中は猛暑で釣りにならないので早朝に狙いを定めて夜明け前の4時半に出港しました。
タチウオしてからタコを釣ろうとリレー釣りの予定でポイントに到着すると船が居ませんやん。
ポツリポツリと遊漁船やプレジャーボートが集まって来ていますが、とりあえず深めのポイントでしてみることにしました。テンヤにイワシを縛って第1投。早速Nさんがタチウオを釣り上げました。目測で80センチ位の平均サイズです。ゆっくりと巻き上げていると穂先にコツンと小さなアタリ。しばらくそのまま巻き上げているとククッと穂先が押さえ込まれたので、大きく竿をしゃくるとド~ンとした重量感の有る強烈な引き。上がってきたのはメーターオーバーのドラゴン。それからはまさに入れ食いモードで7時頃には10匹超えて今日は大漁やなとほくそ笑んでいたら、潮が止まってアタリが遠のくと、掛かってもバラシたりリーダーを噛み切られてテンヤをロストする現象が多発しました。
また私のシマノフォースマスターの調子が途中から水深表示が悪くなり、仕掛けの回収時に誤ってテンヤを巻き込んでロッドを折ってしまうハプニングも有りました。
それでも11時頃には充分なお土産が全員釣れたので、タコ釣りのポイントへ移動しましたがNさんが1匹釣り上げただけで納竿としました。
熱中症になるん違うかという位の猛暑ですから安全第一ですよね。

【ポイントへ向かう途中に朝日が昇ってきました。】

DSC_1416_s.jpg

【ファーストヒットは常連のNさんから】

DSC_1424_s.jpg

【船頭の最初のタチウオは大きかったです。】

DSC_1417_s.jpg

【ゲストのMさん】

DSC_1425_s.jpg

【会社のT君】

DSC_1418_s.jpg

【7時ころにはええ感じの釣果となりました。】

DSC_1426_s.jpg

【タコのポイントへ移動中に飛鳥Ⅱとすれ違いました。】

DSC_1428_s.jpg

【僚船のM船長が様子を見に来てくれました。】

DSC_1430_s.jpg

DSC_1431_s.jpg

【タコはダメでしたがタチウオ絶好調でした。】

DSC_1435_s.jpg



 ©MAEDA CRAFT all right reserved.

真夏のタコ釣りby会長

今が旬のタコを釣ろうってことで社長、T君、ゲストのUさん、Nさんの5名で暗いうちから大阪を出発してマリーナへ4時過ぎに到着しました。海況もベタ凪なので明石まで40分位で行けるかなと思いつつエンジンを掛けるとク・ク・ク・ク・と音はすれど掛かりません。そのうちにクも言わなくなってバッテリーが上がってしまいました。キャビンもまだ暗いなかでエンジンが掛からない状況って不安です。
先週、点検してもらってわざわざ異常有りませんでしたって電話もらったのは一昨日のこと。一体どうなってんねんとボート屋さんの社長の携帯へ電話したら小一時間で来てくれました。取りあえず4個のバツテリーを前後入れ替えようってことでお手伝い。外したバッテリーをチェックしたら溶解液がほとんど有りません。真水を給水したら入ること入ること。4個のバッテリーすべてがこの状態でした。
原因は溶解液が少なくなって充電が出来ていなかったということみたいです。約2時間遅れで出港しました。もうお日様はカンカン照りのなか明石大橋へまっしぐら。暑いなか頑張りました。

【横瀬でタチウオの船団】

DSC_1392_s.jpg

【明石大橋が見えてきました。】

DSC_1397_s.jpg

DSC_1401_s.jpg

【タコ釣りの遊漁船に並んで釣り開始】

DSC_1403_s.jpg

DSC_1402_s.jpg

DSC_1406_s.jpg

DSC_1408_s.jpg

【あまりの暑さにグロッキーでした。】

DSC_1394_s.jpg



 ©MAEDA CRAFT all right reserved.


RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ先

MAEDA CRAFT 前田製箱株式会社
本社・工場・ショールーム・ショップ
〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西4丁目1番26号(大阪市地下鉄谷町線「中崎町」2番出口より5分)

営業時間 8:30~17:00
(日・祝 休日、土曜日 不定休)

TEL:06-6371-2771
FAX:06-6371-2743

お問い合わせメールフォームはこちら